→  新文化エリア
→  渋谷3丁目エリア
→  宮益エリア
→  宮下エリア
→  青学周辺エリア

青山学院

まち協のエコ活動

→Home   →ニュース   →協議会概要   →年間予定   →定点写真   →まち歩き  →会員専用




暴排パトロール 2017春

 

渋谷駅東口地区暴力団排除協議会では、3月24日(金)に4時30分から1時間ほど、渋谷警察組織犯罪対策係の協力を得て、ヒカリエ周辺・宮益坂・のんべい横町と明治通りの飲食店舗を中心に本年初めての暴排パトロールを実施しました。

各地では暴力団抗争事件が多数発生し報道されてますが、当地域は暴力団関連の事務所等は無く抗争は在りませんが、開発や資金を狙って進出の可能性が高い地域です。
パトロールでは、チラシと入会申込書を配布して、1件ずつ注意喚起と協力をお願いして回りました。

暴力団を恐れない
暴力団に金を出さない
暴力団を利用しない
暴力団と交際しない。
の4原則で安全・安心のまちをつくりましょう。

   2017.04.07

宮益植栽活動 (2016-冬)

 


今年の6月に渋谷宮益商店街振興組合とまち協エリアマネジメント分科会が、宮益坂に植えた夏の花が、近隣の店舗の方々の水やりと手入れのおかげで、11月になっても残っていました。ご協力ありがとうございます。

今回は初めて自然環境復元協会の伊藤様他10名の協力も得て総勢17人で11月26日に、夏前に植えた花や枯葉・枯れ枝の撤去、花壇周辺の清掃活動を実施して、例年以上にきれいになりました。

そして翌週の12月3日(土)に冬の花に植え替えました。一週間で溜まった周囲の多くの落ち葉拾い清掃も同時に行いました。年末の忙しい時期になりましたが、東京ミュージックスクールの学生20名を含む37名のお手伝いを頂き、宮益坂は見事に華やぎました。

宮益坂を少しでも明るくきれいで、通勤・通学・回遊していただこうと、一生懸命植えました。通行中の人々からも労いのお言葉を多く頂き、とても励みになりました。是非、植栽の終わった宮益坂を見てください。

  

   2016.12.22

暴排パトロールを行いました

 

渋谷駅東口地区暴力団排除協議会では、本年初めて4月23日(木)に4時30分から1時間ほど、渋谷警察組織犯罪対策係の協力を得て、ヒカリエ周辺・宮益坂・のんべい横町と明治通りの飲食店舗を中心に暴排パトロールを実施しました。

当地域は暴力団関連の事務所等は今のところ在りませんが、開発を狙って進出の可能性が高い地域です。
パトロールでは、チラシと入会申込書を配布して、1件ずつ注意喚起と協力をお願いして回りました。

暴力団を恐れない
暴力団に金を出さない
暴力団を利用しない
暴力団と交際しない

の4原則で安全・安心のまちをつくりましょう。
次回は9月に渋谷駅東口商店会周辺を予定しています。

   2015.05.14

宮益坂植栽活動

 


8月2日(土)、渋谷宮益商店街振興組合とまち協エリアマネジメント分科会は、
街を明るく元気にして、気持ちよく通勤・通学・回遊していただこうと、宮益坂の
清掃とお花を植え替えました。

通知期間が短い中、約30名のお手伝いを頂き、宮益坂は見事に華やぎました。
猛暑の中、お手伝いいただきました皆様、ありがとうございます。
通行中の人々からもねぎらいのお言葉を多く頂き、とても励みになりました。
是非、植栽の終わった宮益坂を見てください。

  

 

   2014.08.11

大山阿夫利神社参拝ツアー(大山詣)を行いました

 

 

9月27日(金)、渋谷・東地区まちづくり協議会では、"大山阿夫利神社"への参拝ツアー(大山詣)を行いました。地域の方々に大山街道・大山阿夫利神社を再認識していただき、現在進められている「大山街道プロジェクト」成就を祈願するため、当まち協メンバーの他、道玄坂の関係者の方にもご参加いただき、総勢30名のバスツアーとなりました。


大山街道とは・・・
大山街道(矢倉沢往還)は、江戸の赤坂御門を起点として、青山、渋谷、三軒茶屋より 瀬田を経て、多摩川を二子で渡り、多摩丘陵、相模野の中央部を横切り、足柄峠手前の 矢倉沢関所に至る脇街道である。

大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)
御祭神大山祇神大山は、またの名を「あふり山」という。あふりの名は、常に雲や霧を生じ、雨を降らすのでこの名が起ったといわれる。標高は、1251・7米で、関東平野にのぞんで突出している雄大な山容は、丹沢山境東端の独立峰となっている。阿夫利神社は、古代からこのあたりに住む人達の心のよりどころとなり、国御岳(国の護りの山)・神の山としてあがめられてきた。山野の幸をつかさどる水の神・山の神として、また、海上からは羅針盤をつとめる海洋の守り神、さらには、大漁の神として信仰をあつめると共に、庶民信仰の中心として、今日に及んでいる。


<<スケジュール>>

渋谷地下鉄ビル前 ⇒(バス)⇒ 海老名SA 〜 厚木西 〜 大山参道入り口 ⇒(徒歩)⇒ 大山ケーブル駅 ⇒(ケーブルカー) ⇒ 阿夫利神社駅着 ⇒(徒歩)⇒ 阿夫利神社参拝 ⇒(徒歩)⇒ 阿夫利神社駅 ⇒ 昼食(とうふ会席) ⇒ バス乗車 ⇒ 帰路へ


バスを降りたらケーブルの駅まで徒歩で登ります

歩くほどに上着を脱ぎます

階段は助け合い


根之元神社の由来


ここからケーブルカーに乗車


大山観光電鉄


本殿への階段

本殿からの眺望

解散・・・お疲れさまでした
   2013.11.08
<< 1 2 3 4 5 6 >> 6ページ中1ページ目