→  新文化エリア
→  渋谷3丁目エリア
→  宮益エリア
→  宮下エリア
→  青学周辺エリア

青山学院

まち協のエコ活動

→Home   →ニュース   →協議会概要   →年間予定   →定点写真   →まち歩き  →会員専用




渋谷から、未来へ

 

渋谷駅東口の新文化街区で建設中の複合高層ビルの名称が公表されました。新しい名前は「Shibuya Hikarie(渋谷ヒカリエ)」です。名称には、渋谷の文化、未来を照らす光になりたいという想いが込められています。

これからの渋谷再開発のリーディングプロジェクトとして、新しい文化発信、ビジネス拠点、交通ターミナルなど様々な可能性を持つビルは、平成24年春の竣工を予定しています。
商業フロアーでは東急百貨店が、文化エリアでは地上約70mに位置する約2000席のミュージカル劇場「Tokyu Theatre Orb(東急シアターオーブ)」と渋谷最大級のエキシビションホールが駅から人を招き迎い入れます。高層階の新しいビジネススポットには、多くのオフィスワーカーが働きます。多様な用途が交わる複合タワーは、訪れる度に発見があり、これまでにない発想を世界に発信するビジネスと文化の新たな拠点となります。
 
劇場断面 文化エリアの中核として、11〜16階には、本格的ミュージカル劇場「Tokyu Theatre Orb(東急シアターオーブ)」が誕生します。

劇場内部濃い青を基調とした劇場内部は周囲の喧噪を離れ、そこで繰りひろげられる作品との一体感を感じさせます。 
「オーブ」とは天球、地球や球体を語源とする言葉で、ビルの宙空に浮かぶ劇場をイメージしています。

渋谷ヒカリエは単なる高層複合施設ではなく、周辺の坂地形を活かしながら、「アーバンコア(立体広場空間)」により、街と5層の歩行者ネットワークを持ち、周辺街区との回遊性や賑わいの創出を通じて、渋谷の街全体を活性化することを目的の一つにしています。

●「Shibuya Hikarie(渋谷ヒカリエ)」の概要については、ホームページ(www.hikarie.jp)で知ることが出来ます。

 

   2010.04.16

渋谷区主催まちづくり関係会議への参加

 

 4月19日 渋谷駅周辺地域の整備に関する調整協議会「まちづくり指針」検討分科会
 5月18日 渋谷駅周辺地域の整備に関する調整協議会
 ※上記では景観デザインやエリアマネジメントについて地域の独自性や多様性が損なわれることのないよう、関連項目(戦略6・7等)について「まちづくり指針」から外してもらうほか、基盤整備に関しては神宮通りを閉鎖する動きに明確に反対するとの方向で主張を展開していきます。

   2010.04.10

国等の主催するまちづくり関係会議への参加

 

  4月21日 エリアマネジメント研究会(内閣府所管の財団法人が主催)
 ※まちづくり協議会の分科会で検討中のエリアマネジメント組織について、
  その初期的な検討から組織の立上げまで、国の立場で調査研究等に支援
  していただきます。

   2010.04.10

東京都主催まちづくり関係会議への参加

 

 4月 8日 渋谷川・古川流域連絡協議会【終了、次回開催日未定】
 ※国道246号線を越えた駅南側にも来街者が展開するよう、河川環境整備(緑と水)以上に賑いの創造に力点を置き、例えば原宿キャットストリート的なコンセプトをも視野に入れながら、広い選択肢の中で川の将来を模索していきます。

   2010.04.10
<< 1 2 3 4 5 6 >> 6ページ中6ページ目